医療の世界では診療報酬債権ファクタリングが盛んです

診療報酬債権を譲渡して資金を調達する仕組みとして、診療報酬債権のファクタリングがあります。


近年は、診療報酬債権譲渡件数が増加の傾向にあります。

なお、割引料率は各ファクタリング事業者によって異なっていますが、回収確実な債権であるところから、低めに設定されているのが一般的です。

なお、医療の世界では、診療報酬債権だけにとどまらず、介護報酬債権、調剤報酬債権についてもファクタリングを行うことが可能であり、現実に実施されています。


とはいえ、診療報酬債権のすべての金額をファクタリングできるわけではありません。
言うならば、不動産担保融資などと同じように、掛目が存在しています。

2ちゃんねる情報をまとめてチェックしよう。

この掛目は事業者によって個々に異なっています。

ファクタリングの情報が更新されています。

掛目が設定されている趣旨としては、社会保険診療報酬支払基金、国民健康保険団体連合会に診療報酬の請求がなされた後に、支払審査によって請求額が減額されるケースがありますが、その事態を想定しているからなのです。ですから、掛目が個々の審査によって変割ってくる事例もあります。



アバウトには80%程度の掛目が一般的とされていますが、ときには、審査での事情により90%以上の掛目を設定できる事業者も存在しています。


もし80%の掛目である場合は、事業者は診療報酬譲渡の対価として、医療機関や介護施設に対してその80%支払うことになります。
その後、社会保険診療報酬支払基金等がファクタリング事業者に支払いを済ませてから、事業者が残額の20%を医療機関に支払うことによって、完結いたします。

top