介護給付金ファクタリングの特長

介護給付金ファクタリングは介護保険の支払いのタイムラグによるキャッシュフローの悪化を防ぎ、安定した経営を行うまでの貴重な財源として多くの介護福祉業者から注目されているシステムです。



ファクタリングは本来商取引における売掛金回収の遅れによるキャッシュフローの悪化や黒字倒産を防ぐために、手形裏書よりも迅速で簡単であるとして普及し始めたものですが、介護の世界に於いてはそのリスクが低いとあって多くの業者が参入している市場でもあります。

ファクタリングを利用してみる価値はありますよ。

介護給付金ファクタリングが利用される背景には、介護保険制度における給付金の支払いの制度と大きな関係が有ります。

通常介護サービスを行った場合、其の内容と点数を国保連合会に申請し、その内容が認められてからの支給になりますがこの期間は概ね40日以上かかるのが一般的であり、その間は介護施設に収入がないことになってしまうため立ち上げ時などは非常に厳しい経営となってしまうことが多いのです。

本来は立ち上げ資金を見積もる上でその間の資金を用意しなければならないものですが、現実的には予想を上回る多額の出費が掛かることも多く、その為キャッシュフローが悪化してしまうことも少なく有りません。


その為手数料を支払っても現金を先取りしたいという所が増えているのです。

しかし介護給付金は一般の売掛金とは異なり必ず支給されるものであるためファクタリング業者にとってはリスクが少ないため、介護給付金ファクタリングは一般に比べ手数料が安く、また業者によっては正規の給付金支給日後に一部をキャッシュバックする制度を設けているところもあります。

エキサイトニュースがオススメです。

top